- +

『古代出雲繁栄の謎』発刊しました



書籍紹介

古代出雲繁栄の謎をとくカギは、「漆」(うるし)だった!

古代の出雲はどのように繁栄していったのか―これまで明らかにされなかった謎を解き明かしていく。

なぜ出雲地方に神話が多く語り継がれてきたのか、多量出土の青銅器はどのように使ったのかなど、

 縄文時代から奈良時代までの社会状況を考察し、繁栄の謎にせまる。

そのほか、古代出雲の世界が窺えるコラムも多数収録。

 

書籍概要

『古代出雲繁栄の謎』(山陰文化ライブラリー12)  ISBN978-4-86456-251-5 C0020

B6判・並製本(ソフトカバー)・330ページ

著者:川原和人

定価:1500円+税(税込み1,620円)

発行元:ハーベスト出版

 

著者プロフィール

1951年島根県生まれ。島根県教育委員会文化課勤務を経て、200912年に島根県埋蔵文化財調査センター所長として勤務。現在、別府大学大学院非常勤講師

著書に『出雲の考古学』(同成社 2014