- +

第二回目の「臨床美術」体験

社内での第二回目の「臨床美術」体験は、5月20日午後6時から8時まで、10名ちょっとの参加者でした。 今回は、粘土を使って版画を作るもの。粘土をこねて板状にし、これに縄やフォーク、ペットボトルのふた、割りばしなどを使って抽象的な図柄を描いていきます。これを版として絵具を塗り、紙に転写して台紙に貼ったら出来上がり。久しぶりに童心にかえって、右脳体験でした。